病院について

ワンちゃんが家に来た!

知ってる?ネコのこと

石川動物病院ブログ

診療の流れ

受付

受付では、まず診察券をお出し下さい。スタッフが、本日はどうされたのかを簡単に伺わせていただきます。糞便検査や尿検査を希望される方で持参されている場合は、先に受付でお預かりします。

受付

初診の方は、初診カード(問診票)のご記入をお願いします。初診カード(問診票)をダウンロードして記入して来院されると、待ち時間が短縮されます。
連れて来られる動物の状態を細かに把握されて来院されるのが理想です。動物は言葉が話せませんので、飼主様が普段から様子をよく観察しておきましょう。

受付

診察室にお呼びするまで、また検査中やお会計が終わるまでの間、お待ち頂く時間が生じます。順番がくるまで暫くお待ちください。お車の中でお待ちになりたい場合は、呼び出し機の貸出しも行っていますので、お気軽にお申し付けください。
慣れない場所で緊張している動物もいます。お待ちの間は、犬の場合はリードを短く持って頂くか、キャリーケースに入れたままお待ちください。猫の場合は、必ずキャリーケースか洗濯ネットに入れたままお待ち下さい。その方が猫は安心しますし、脱走する恐れも無いので安全です。

受付

初診カード(問診票)に記入して頂いた内容をもとに、飼主様からさらに詳しくお話を伺い診察を始めます。そして、視診(目で診る)触診(手で触る)聴診(耳で聴く)を中心とした、動物の全身チェックを行います。問診や身体検査だけでは診断できないような状態であれば、この後、必要な詳しい検査を行わせていただきます。
診察台に乗せられると不安になる動物も中にはいますが、動物によって反応は様々です。対応はその都度変わってきますので、恐れ入れますが獣医師の指示に従ってください。

受付

問診や身体検査を行ってから、必要と思われる検査を行います。糞便検査や尿検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査などを行い、見た目だけではわからないことまで詳しく検査していきます。
※その日その場で出来ない検査もございますのでご了承ください。
検査内容は予め、飼主様にデメリット等はお伝えしますので、ご判断をお願いします。

受付

診察や検査の結果から、必要と思われるお薬を処方・調剤します。 お薬には、錠剤、粉剤、カプセル、液剤など、様々な錠型があります。
お薬の飲ませ方がわからないという方は、お気軽にスタッフにご相談ください。

受付

お薬の調剤が終わりましたら、お会計の際にお渡しします。 この時に、お薬の量や飲ませる回数などを説明させていただきます。お会計の際には、明細をお出しして明瞭な会計を心掛けていますが、ご不明な点がありましたらお気軽にお尋ねください。
クレジットカードもご利用いただけますが、場合によってはご利用になれないこともありますので、予めご了承ください。

獣医カレンダー

初診カード(問診票)ダウンロード

当院では初診の際に、必ず飼主様に問診票を記入していただいております。
病院の待ち時間を少しでも、スムーズにしたい方は下記から、「犬猫用」の初診カードがダウンロードできます。プリントアウトして事前に記載して、当院にお持ち下さいませ。