病院について

ワンちゃんが家に来た!

知ってる?ネコのこと

石川動物病院ブログ

予防しよう!ワンちゃんの病気

いつ見ても愛らしく、気まぐれな猫ちゃん。猫ちゃんの病気は治療よりも予防が大切です。伝染病は空気感染、猫同士の接触、人間が運ぶといったように、様々な経路をたどって猫ちゃんの体に侵入します。
定期的に予防接種を受けましょう。(接種間隔につきましては病院にてご相談ください)

1.予防接種で防げる病気

猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)
高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙で顔中くしゃくしゃになります。典型的なカゼの症状がみられます。治療してもなかなか治りにくく、中には一生症状がつきまとう場合があります。

猫カリシウイルス感染症(FCR)
「猫のインフルエンザ」とも呼ばれます。かかり始めはクシャミ、鼻水、発熱など猫ウイルス性鼻気管炎と良く似ています。症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍ができます。また、時には急性の肺炎を起して死亡することもあります。

猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
高熱、嘔吐、食欲不振、下痢が始まると脱水症状を起こし、体力の無い子猫などは、たった1日で死亡する事もあります。このウイルスは生命力、感染力が強く、感染猫との接触だけでなく、感染猫の便や尿などから移り、人間の衣服や靴についてどこへでも運ばれるため、室内飼いの猫でも感染する恐れがあります。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
血液中の白血球や赤血球などがガン化する白血病になり、骨髄の細胞が少なくなるため、貧血や白血球の減少が起こる事もあります。唾液や血液、便や尿などによって感染します。

▼クラミジア感染症【どんな病気なの?】

細菌の仲間、クラミジアが原因です。症状は粘着性の目やにを伴う慢性持続性の結膜炎です。感染した猫のクシャミや鼻水などから移ります。

2.予防接種(ワクチン)で予防できない病気
(一度感染して症状が出てしまうと、治すことができない病気)

猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)
一般に猫エイズと呼ばれる病気ですが、人のエイズとは異なり、猫のエイズウイルスが人や他の動物に感染する事はありません。ケンカや交尾により感染し、免疫不全を起し、全身に色々な障害を起こします。

猫伝染性腹膜炎(FIP)
感染力は強くありませんが、始めは発熱や食欲不振が見られます。重病になると、腹水や胸水が溜まったり、黄疸の症状が出たり、肝臓や腎臓の障害や神経症状が出ます。

▼【予防策と時期】

生後2ヵ月前後…第1回目の接種
生後3ヵ月前後…第2回目の接種
生後4ヵ月前後…第3回目の接種

※当院では、ご希望の方に追加接種時期をおハガキにてお知らせ致します。

3.避妊・去勢手術をしましょう

オスなら前立腺の病気や精巣などの腫瘍、メスなら子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍になる可能性があります。また穏やかな性格になります。子猫のうちに避妊・去勢手術をしましょう。若いうちに手術することで、基礎の性格なども今後穏やかになります。

4. ノミは1年中の予防と対策をしましょう

ノミは皮膚病やアレルギーの原因にもなります。また、ノミから条虫などの寄生虫が移ってしまいます。ノミに刺される事によって、皮膚病やサナダ虫感染などの病気になる事があります。ほぼ1年中の予防が必要になります。毎月1回、背中に滴下するタイプの薬があります。かかりつけの病院にご相談ください。

5.健康診断

言葉の話せないネコちゃんは、見た目ではわからない病気が多いのです。早期発見、早期治療が大切です。体に赤い湿疹がある、元気や食欲がないなど、普段と少しでも様子が違うことに気付いたら早めに病院行きましょう。出来れば年1回の健康診断をオススメします。

確認しよう!基本的なワンちゃんの生活

1.知ってますか?猫ちゃんの食餌について

子猫の頃は1日3回くらい、成猫になったら1日2回くらいを目安に与えてください。与える時間、量を決めておくと、病気になった時に食欲の有無がわかりますし、肥満の予防にもなります。予め「キャットフードだけ」と決め、ドライフードを主体にして食事を与える方が栄養のバランス面からも一番良いとされています。猫は元々肉食動物ですが、ハムやかまぼこ、魚など、人間の食べ物は猫にとっては有害で、消化に悪い塩分や糖分、脂肪過多のものが多いのです。ずっと与え続けていると、代謝障害といって重要な全身の病気になります。

※あげてはいけない物リスト

▼ねぎ類、ニラ、にんにく

中毒を起こします!赤血球が壊され貧血を起こし、時には死亡することもあります。一緒に調理した煮汁なども注意が必要!

▼鶏の骨付き肉、魚の太い骨(特に鯛の骨)

猫の喉や食道に刺さり、傷をつける危険があります。

▼ タコ、イカ、エビ、カニ、スルメ

味を覚えると病み付きになります。そして栄養の偏りとなります。昔から「猫にスルメを与えると腰が抜ける」と言われているのは本当!?

▼塩分を多く含むもの、香辛料

腎臓病や尿路結石などの原因になります。香辛料。

▼カラシやコショウなどの刺激の強い食物

胃炎や下痢などを引き起こす可能性があります。

2.猫ちゃんの室内飼育のススメ

事故、転落、交通事故、野良猫・放し飼いの猫や犬とのケンカ、迷子などや人間のいたずらや毒餌、虐待、誘拐など・病気や寄生虫への感染。特に病院に周りでは、猫エイズや白血病ウイルスが流行っています。また望まない妊娠や野良猫の増加にも繋がります。
室内での飼い方としてはネコじゃらしなどのおもちゃなどで遊んであげたり、トイレは一頭につき一つ、自分専用トイレを作ってあげます。猫はトイレの材質にも一頭ずつのこだわりを持っています。他にも上下に運動ができるように、ネコタワーなどを置いたり、知らない人が来た時に、逃げ込んだり一人で落ち着ける場所(コアーテリトリー)を作ってあげるのも良いです。

ワンちゃんの身元表示は飼い主さんの義務です!

1.マイクロチップの埋め込みについて

マイクロチップとは、個体識別を目的とした埋め込み式の電子標識器具のことで、世界で唯一の番号が付けられています。
専用の器具を使って、皮下に埋め込みます。通常の注射とほとんど変わりません。
来院時に受付にてお申し付け下さい。

2.どんな時に役立つの?

①迷子になっても、保護された時に身元確認がすぐできます。
②災害時にはぐれても、飼主様の元に返ってくる確率が高くなります。
③事故に遭い怪我をして保護された時も、迅速に連絡が可能です。
④検疫がスムーズになり、短時間で出入国できるようになります。